PLENDY COLUMN

COLUMN

外国人,シングルマザー,婚活シェアハウスなど入居条件と種類をご紹介

シェアハウスと言えば、安い家賃が魅力で学生が多く利用しているというイメージを持つ人も多いでしょう。近年は外国人やシングルマザー、婚活などテーマ性を持ったシェアハウスが登場し、その概念が変わりつつあります。シェアハウスの入居者層は中年や高齢者まで広がっています。細やかなニーズに即したテーマ型シェアハウスは、条件に合う人にとっては魅力的な物件です。本記事は、そのような特化型のシェアハウスについて、入居条件とどのような種類があるのかについてご紹介します。思わず住んでみたくなるシェアハウスが見つかるかもしれませんので、ぜひ最後までご覧ください。

シェアハウスにも入居条件がある

シェアハウスは、ルームシェアの形式で、キッチンなどの設備を共同で使う形式の賃貸物件です。基本は同じですが、各物件の特色によって、入居条件はさまざまです。確認しておくべき入居条件は、年齢・性別・入居期間などがあります。

年齢は、学生専用なのか高齢者向けなのかによって当然変わってくるでしょう。性別は、男女可能なのか女性専用・男性専用なのかが明示してあれば分かりやすいですね。

入居期間については、数カ月から1年程度の比較的短い期間の契約期間となっていることが多く、定期賃貸借契約になっている物件が多々あります。定期賃貸借契約は、契約期間は必ず住み続けないといけない点と、契約期間終了時に再契約しない限り退去しなければならない点に注意してください。

その他の属性に関しては、物件の特性によってさまざまです。外国人との国際交流を希望しているなら外国人可能と明記しているシェアハウスを選びましょう。ペットを飼っているならペット可の条件は外せません。条件をしっかりと確認して、自分に合いそうなシェアハウスを探してみましょう。

シェアハウスのタイプと種類

シェアハウスのタイプと種類は非常に多いのですが、ここでは以下の8種類についてご紹介します。

  • 国際交流できるボーダレスハウス(borderless house)
  • 高齢者,シニア向けシェアハウス
  • 婚活シェアハウス
  • 音楽スタジオ付きシェアハウス
  • 大型シェアハウス
  • ドミトリータイプのシェアハウス
  • 就活シェアハウス
  • 食事付きシェアハウス

ボーダレスハウスは、住人の一定数が外国人で、英語など外国語などを実地で学びながら国際交流することを可能にするシェアハウスです。国内にいながら留学体験ができるシェアハウスとして注目を集めています。生きた英会話を学びたいけれどなかなか海外留学できないという方や、単純に外国人との交流を楽しみたい、という方におすすめのシェアハウスです。

北欧などでは多いと言われている「グループリビング」に近いタイプが、高齢者向けのシェアハウスです。ある程度自分で生活できるシニアが対象で、建物はバリアフリー設計など、シニアが生活しやすい工夫がなされている場合が多いです。物件によっては、支援サービスを用意している場合もあります。

バラエティ番組「テラスハウス」のような出会いを夢見る方や真剣に結婚したいと考えている方におすすめなのが婚活シェアハウス。男女がつかず離れずの距離で生活する中で距離が近づき、出会いを促して結婚相手を見つけるサポートをするというタイプのシェアハウスです。日ごろなかなか出会いがないという方で、婚活パーティなどには抵抗がある場合は、住んでみるといいかもしれませんね。

音楽スタジオ付きのシェアハウスは、音楽の演奏を思い切り楽しみたいという方に向いているシェアハウスです。通常の賃貸物件では、楽器不可のところはほとんどで、楽器演奏ができず不便に感じている人は少なくありません。音楽スタジオに行くとしても、スタジオ代や交通費がかかり、結構大きな負担になります。音楽スタジオ付きのシェアハウスなら、その悩みも解消して毎日気兼ねなく音楽の練習に励めるでしょう。

100部屋以上とかなり大型のシェアハウスも出てきています。大型のシェアハウスは、多くの人との交流が期待でき、設備もかなり充実しているところが多いようです。多くの人がいればそれだけ相性の良い隣人や異性が見つかる確率も高くなります。ただ生活しているだけではなく、シェアハウスのイベントには積極的に参加することで、出会いの機会が増えそうです。

ドミトリータイプのシェアハウスは、いわゆる相部屋になっていて、二段ベッドで各入居者が寝る、というスタイル。入居者同士の距離がかなり近く、相性の良い者同士が集まればかなり楽しい生活ができます。家賃も安めなので魅力ですが、プライバシーが気になる方や神経質な方にはあまり向きません。

就活シェアハウスは、主に地方の学生が首都圏で腰を据えて就活したいときに利用できるシェアハウスです。地方に住んでいる学生さんは、面接の度に毎回東京に出ていくだけで交通費がかさんでしまいます。そんな就活生を支援してくれるのが就活シェアハウス。一般の社会人が住んでいるシェアハウスの一部を就活生に貸し出している、というパターンが多いようです。東京で働いている人の姿を生で見ることもできますので、東京での就職を考えている学生さんは、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

食事付きシェアハウスは、その名の通り、食事が付いてくるシェアハウスです。格安の値段で提供される食事を、予約しておくことで食べられます。栄養的にも考えられた献立なので、食生活が乱れがちでなかなか自炊も続かない、という方にはおすすめです。

まとめ

今回は、シェアハウスの入居条件と、さまざまなタイプ・種類について紹介しました。どのタイプのシェアハウスも、一人暮らしの人が抱えている悩みを解決したり、希望を叶えたりする場を与えてくれる場を提供してくれる点が共通項です。自分の生活をより良くしてくれそうなタイプのシェアハウスが見つかったら、思い切って入居を検討してみてくださいね。

to pagetop