PLENDY COLUMN

SHARE HOUSE

シェアハウスの住民票は?入居時の契約、入居審査や保証人のことを知ろう

シェアハウスは通常の賃貸物件と契約内容が異なることがあります。また共同生活という形態上、住民票の扱いがどうなるのか悩む人も多いのではないでしょうか。今回は、シェアハウスに入居するまでの流れと、入居するにあたってどのような点に注意すべきなのか見ていきたいと思います。

シェアハウスの入居までの流れ

入居したいシェアハウスを見つけても、すぐにそこで生活を始められるわけではありません。そのために審査や契約をする必要があります。実際にシェアハウスへ入居するまでの流れを見ていきましょう。

入居審査

シェアハウスは複数の人たちが共同生活をする場所なので、管理会社としては誰でも入居させるわけにはいきません。そのためシェアハウスの入居には審査がある場合が多く、審査に通過した場合にシェアハウスでの生活を始めることができます。審査の内容もそれぞれ異なり、住所や国籍など個人情報の確認に加え、収入状況や過去に何かトラブルを起こしていないかといったことも聞かれます。管理会社としては家賃滞納等のトラブルは避けたいので、収入状況に関しては特に聞かれます。ですが転職活動中の人や、特定の職業、資格取得を目指している人など、固定の収入がない場合でもシェアハウスに入居しているケースは多いので、必ずしも会社に勤めていたり、固定の収入を得ている必要はありません。

契約

申し込みが完了し、審査に通過すれば、入居の契約を結びます。無事契約が完了したら、シェアハウスでの生活が始まります。また初期費用や契約条件が一般的な賃貸物件とは異なることもあるので、契約前にしっかりと確認しておきましょう。

保証人は必要?

保証人の有無に関しては、管理会社によって大きく異なります。保証人を必要としないところもあれば、保証人の記名もしくは保証会社への加入が必要な場合もあります。

住民票はどうなるの?

シェアハウスでの生活を始めるのであれば、住民票を異動しなければいけません。また異動届を記入するとき、世帯主の欄には自分の名前を記入しましょう。世帯主とは「一戸を構えて営む独立の生計」であり、生計をともにしている人のことです。シェアハウスは共同生活とはいえ、お金のやりくりは別々なので、シェアハウスに住むそれぞれの人が世帯主にあたります。

シェアハウス入居時の注意点

ひとりで生活をしていた時には気にならなかったことでも、シェアハウスでの生活ではストレスを抱えてしまうことがあるかもしれません。シェアハウスで快適な生活を送るために、入居する前に次の点に気をつけるようにしましょう。

契約内容

契約期間や初期費用など、シェアハウスによって契約内容は異なります。それ以外にもトラブルが起きた際の対処方法や、清掃は管理会社が行ってくれるのか、それはどのくらいの頻度なのかなど細かいことですが、快適な生活を送るためにしっかりと確認しておきましょう。

ルール

シェアハウスではトラブルを防ぐために、ある程度のルールを設けています。「友人をシェアハウスに呼んではいけない」「シャワーの使用は◯分まで」など、シェアハウスによってルールは異なります。共同生活をする以上、自分勝手な行動は周りに迷惑をかけることになります。入居前にどのようなルールがあるのか確認して、自分がそのルールを守ることができるか判断しましょう。

壁の厚さ

共同生活である以上、一緒に生活する人の声や生活音が気になることもあるでしょう。特に壁が薄い場合には、隣の部屋のテレビの音や話し声がストレスになることもあります。入居する前には、壁がどのくらいの厚さがあるのか確認しておきましょう。

設備

トイレやシャワー、ほかにも洗濯機や冷蔵庫の数が、入居者の人数に対して適切であるか確認するようにしましょう。数が少ない場合、混雑する時間には取り合いになるので、ストレスに感じてしまいます。

住人の情報

共同生活をする上で、一緒に生活をする住人の情報はとても重要です。もし不潔な人やトラブルを頻繁に起こす人がいると大きなストレスになります。事前に管理会社に聞いてみるか、内覧時に住人に尋ねてみることもおすすめです。

管理会社

シェアハウスの清掃や消耗品の補給など管理会社が行ってくれるところが増えています。しかし、契約時にはそう聞いていたけれど、実際は全く清掃されていないケースもあります。また連絡もなく契約内容が変更されるようなケースもあるようです。こうした情報は管理会社には聞きづらいので、内覧時に実際に生活をしている住人に聞いてみましょう。

まとめ

シェアハウスではいろいろな人と共同生活を送るので、一人暮らしでは得ることができないような充実した生活を楽しむことができます。しかしどんなシェアハウスでも快適な生活を送ることができるというわけではありません。設備やルールを事前に確認しておかないと、入居してからストレスを感じることになりかねません。自分にぴったりのシェアハウスを見つけるためにも、入居前に注意点を確認した上でシェアハウスを選ぶことが大切です。シェアハウスをお探しの際は、ぜひ参考にしてみてください。

to pagetop