PLENDY COLUMN

SHARE HOUSE

シェアハウスの入居時の初期費用や家賃相場、入居後の光熱費はいくら?

一般的な賃貸物件に比べて「安い」という印象があるシェアハウスですが、実際どれくらいの費用がかかるのでしょうか。シェアハウスに入居する際の初期費用や家賃相場、また入居後にかかる費用について確認し、本当にシェアハウスでの生活は安いのか見ていきましょう。

シェアハウスの入居時にかかる初期費用

シェアハウスによって初期費用はさまざまですが、多くのシェアハウスでは初期費用として初月の家賃、共益費、光熱費、デポジットを支払います。デポジットは保証金という意味で、入居してからトラブルが起きた場合は、そこからお金を充当します。また退去時には、多くの場合は余っているデポジットが返金されます。このように、保証金としてデポジットを支払う代わりに、敷金・礼金がないシェアハウスも多くあります。また保証会社を利用する場合には、その支払いも必要になります。

一方、自分で賃貸物件を借りて契約する場合、初期費用として敷金、礼金、前家賃、仲介手数料、その他にも火災保険料や引っ越し代が必要になります。さらに家具や家電を揃えるための費用もかかります。

一般的な賃貸物件では初期費用に加えて、家具や家電をすべて揃えようと思うと、40〜50万円ほどかかることも珍しくありません。シェアハウスの場合、初期費用として発生する費用は初月の家賃や共益費、光熱費、デポジットの支払いなので、10万円程度におさまるところが多いです。また家具も自分で揃える必要がないので、その分の初期費用を浮かすことができます。

このようにシェアハウスでは、入居時の初期費用を安く抑えることができます。一人暮らしを考えている人もシェアハウスを選べば、できるだけお金をかけずに新生活を始めたいという人にはピッタリです。

シェアハウスの家賃相場はいくら?

シェアハウスは一般的な賃貸物件よりも安く生活できると思っている人が多いますが、実際はどうなのでしょうか。ここでは東京都にあるシェアハウス会社が例として示した家賃相場がどれくらいなのか見ていきたいと思います。

  • 吉祥寺・立川エリア 50,125円
  • 池袋・赤羽エリア 56,583円
  • 新宿・中野エリア 62,276円
  • 渋谷・目黒エリア 68,229円
  • 蒲田・品川エリア 62,879円
  • 浅草・上野エリア 56,741円

エリアによっても家賃相場に違いはありますが、50,000〜70,000円程度の家賃のシェアハウスが多いようです。この金額はあくまで東京都の家賃相場なので、他県であればもう少し相場は安くなるでしょう。

ではシェアハウス以外の一般的な賃貸物件の家賃はどれくらいなのでしょうか。同エリアの賃貸物件の家賃相場を見ていきたいと思います。

  • 吉祥寺・立川エリア 70,125円
  • 池袋・赤羽エリア 71,074円
  • 新宿・中野エリア 99,849円
  • 渋谷・目黒エリア 222,585円
  • 蒲田・品川エリア 103,235円
  • 浅草・上野エリア 77,043円

こうして見てみると、どのエリアで比較してもシェアハウスの方が家賃相場は安くなっています。そのためルームシェアに抵抗がない人であれば、家賃が安いシェアハウスを選ぶ方がお得に生活をすることができます。また共用部もきれいで広さがあり、家電もしっかり揃っているので、人によってはシェアハウスの方が快適に過ごせるかもしれません。

入居後にかかる費用

入居後にかかる費用としては、共益費や光熱費、ほかには修繕費があります。

シェアハウスでは、共用部の清掃や消耗品等の備品の補充を管理会社が行ってくれます。また個人で用意することなくインターネットも使用することができます。そのような諸々の費用が共益費に含まれています。光熱費や水道代が共益費に含まれる管理会社もあるので、共益費の内訳に関してはシェアハウスによって異なります。この共益費は毎月固定で決まった金額を支払います。またインターネット完備のシェアハウスの場合は、インターネットを使用しない場合でも共益費が安くなることはありません。

光熱費は共益費に含まれる場合もあれば、共益費とは別に月々固定の金額で支払いを行うところもあり、シェアハウスによって異なります。基本的に電気やガスの使用量にかかわらず、料金は固定の場合が多いです。ただ、自室でのエアコンを使いすぎなど高額の電気代が発生した場合は、管理会社から別途請求されるところもあるので、契約前に確認しておきましょう。

上記にあげたものは主に毎月の固定費用ですが、それとは別に修繕費が発生することがあります。この修繕費は設備や備品を損傷させてしまった時に発生します。その場合故障した製品の値段分の修繕費がかかります。基本的には、初期費用に含まれるデポジットから差し引かれますが、損傷が激しい場合には追加で請求されることもあります。

また共用の家電についても注意が必要です。シェアハウスには洗濯機や乾燥機が設置されていますが、コインランドリーのように使うたびにお金がかかる場合があります。利用頻度が低い人であれば、それほど気にしなくてもいいかもしれませんが、毎日洗濯をしたい人は1回100円だとしても月に3,000円かかります。気になる人は入居する前に確認しておきましょう。

まとめ

シェアハウスは一般的な賃貸物件と比較すると、初期費用や家賃を安く利用することができます。また入居後にかかる費用としても、共益費や光熱費といった一般的な賃貸物件とそれほど違いはありません。ただシェアハウスに備え付けられている家電や家具は決して自分のものではないので、壊してしまうと修繕費が発生することがあります。そういったことへの注意は必要ですが、シェアハウスは安く住むことができることには変わりはないので、ルームシェアに抵抗のない人や初期費用や家賃を抑えたいという人にはおすすめです。

to pagetop